figureを画像として保存

最も楽な方法は,saveasを使う方法.

saveas(gcf,'figname.jpg')

拡張子を指定しなくとも勝手に判断して保存してくれる.
ただし高解像度ではない.

解像度を指定したいのであれば,printを使う.

print(gcf,'-djpeg','figname.jpg','-r600')

600の部分を200,300等に変更することで解像度を調整できる.

またjpg(jpeg)形式で保存する場合,'-djpg'ではいけない.'-djpeg'にする.
eps形式の場合,'-deps'はモノクロ,'-depsc2'はcolorで保存.


Front page   Edit Diff Attach Copy Rename Reload   New List of pages Search Recent changes   Help   RSS of recent changes
Last-modified: 2016-08-15 (Mon) 21:08:27 (430d)