Attributes メモ

GMTコマンドの中で,manを読むと

gmt pscoast [other options] -Wpen -Gfill

というような表記が出てくる.
このpenやfillは,線や色のスタイルを統一された記法で表現できるようにしているattributesであり,これらの記法を覚えると様々なGMTコマンドで使える.

pen attributes

penは

-W1p,red,-
+pthin,blue,..-

のように,互いに "," で区切られ,[width],[color],[style]の3つの属性からなる.
それぞれデフォルトの設定で良い場合は省略可能.例えば-W[color]など.

width

数値に[p,c,i](ポイント,センチメートル,インチ)のいずれか追加して太さを指定するか,キーワードで表現する.
数値のpciのいずれも付記しない場合は(デフォルトでは)ポイントを意味する.
キーワードには,細い方から順にthin, thick, fatとこれらの比較級・最上級の単語で9個,さらにfaint(線なし), default, obeseで合計12個ある.
最も太いobeseは18pで,thickは1.0p, defaultとthinnestは0.25pになっている.
確認用に図を作成してみた.ブラウザ上ではpngに変換し縮小表示しているので,実際に出力されるPostScriptファイルでの太さは異なる.
同じ図を作成するスクリプトは fileex_thickness.shから.

example_thickness.png

color

色の指定方法は5種類あるが,ここではキーワードで指定する方法に絞る.
数多くのキーワードの中からいくつか絞って図にしてみた.
colornames_num.png colornames.png

style

  • solidやdashedなどのキーワードを入れる
  • "-", "." の組み合わせで表現する
  • 実線と空白の長さを "_" で区切って指定する

のいずれか.下に図を示す.

linestyle.png

Front page   Edit Diff Attach Copy Rename Reload   New List of pages Search Recent changes   Help   RSS of recent changes
Last-modified: 2018-09-26 (Wed) 16:55:07 (27d)
Powered by PHP 5.6.21. HTML convert time: 0.051 sec.