GMT -B オプション

共通オプション-Bでは,軸の目盛りとかラベルのインターバル,フォーマットを設定する.
おそらく一番面倒かつ使用頻度の高いオプション.
数回のコマンド実行で1つの図を作成する場合には1回だけ詳細に記述すればよく,それ以外は -B の表記のみで問題ない.

-Bafg; tick and grid spacing

ほぼ必ず使用する. a,f,g はそれぞれ,major tick, minor tick, gridを示し,それぞれに続く数値をもとに表示間隔が定められる.
また,aはannotation(目盛りラベル)の表示も兼ねる.

# output file
output="Bafg.ps"
# options
proj=M12
region=-90/-30/-60/15
axes="-Ba15f15g15"
# GMT5
gmt pscoast -J$proj -R$region $axes -W -P -V > $output
Bafg.png

数値を入力せず -Bafg のようにすると,それぞれ適当と判断されたのもが指定される.
gridを表示する必要がなければ,単純に -Baf とgを除けば良い.a,fについても同じ.

-Bafg; 対数グラフの場合

片対数,両対数軸の場合は,spacingの数値の与え方が特殊なので注意する.
1,2,3と数を増やすほどspacingが細かくなる.
annotationについては,数値の後にpを入れると10^{n}表記になる.

## log scale 
# output file
output="Bafg_log.ps"
# options
proj=X12l/8l
region=1e0/1e5/1e-1/1e2
axes="-Ba1f2g3"
# GMT5
gmt psbasemap -J$proj -R$region $axes -P -V > $output
# output file
output="Bafg_logp.ps"
# options
proj=X12l/8l
region=1e0/1e5/1e-1/1e2
axes="-Ba1pf2g3"
# GMT5
gmt psbasemap -J$proj -R$region $axes -P -V > $output

Bafg_log.png    Bafg_logp.png

-Bxafg -Byafg; 横軸,縦軸で別々の設定

Bの後にx,yと指定してそれぞれ横軸,縦軸個別に設定する.

## 横軸と縦軸別々の設定 -Bxafg -Byafg
# output file
output="BxafgByxfg.ps"
# options
proj=X12/6
region=0/100/0/10
axes="-Bxa20g20 -Bya2f1"
# GMT5
gmt psbasemap -J$proj -R$region $axes -P -V > $output
BxafgByxfg.png

-Bpafg -Bsafg; primary, secondary axes

primary(主)の目盛りとsecondary(副)の目盛りをそれぞれ指定する.
このp,sの指定がなければ通常はprimaryのことを指している.
これを付す場所は,Bの後でx,yの前でなければならない.
下図のように,デフォルトではsecondaryの方が大きいフォントサイズであり,外側に位置している.

## primary and secondary axes
# output file
output="Bps.ps"
# options
proj=X12/6
region=0/100/0/10
axes="-Bsxa20g20 -Bpxa10g10 -Bsya2f1 -Bpya1"
# GMT5
gmt psbasemap -J$proj -R$region $axes -P -V > $output
Bps.png

-B+l ; 軸ラベルをつける

軸にラベルを付して,軸の説明するときに.

## 軸ラベルをつける
# output file
output="Bafg+l.ps"
# options
proj=X12/6
region=0/100/0/10
axes="-Bxa20g20+lx-axis -Bya2f1+ly-axis"
# GMT5
gmt psbasemap -J$proj -R$region $axes -P -V > $output
Bafg+l.png

-BWESN; annotationなどを片側の軸のみ表示

地図でない数値グラフでは,基本的に軸ラベルは片側さえあれば良い.
方角の N,S,E,W でそれぞれ表示する軸を決める.
大文字(NSWE)を挿入した場合は全て,小文字(nswe)の場合は目盛りのspacingだけ反映しannotationやラベルは表示しない.
また,この4つはどのような順番で配置しても良い.

## 片方の軸だけannotationをつける -BSWne
# output file
output="BneSW.ps"
# options
proj=M12
region=120/155/20/50
axes="-Ba5f5g5 -BneSW"
# GMT5
gmt pscoast -J$proj -R$region $axes -W -P -V > $output
# output file
output="BSW.ps"
# options
proj=M12
region=120/155/20/50
axes="-Ba5f5g5 -BSW"
# GMT5
gmt pscoast -J$proj -R$region $axes -W -P -V > $output

BneSW.png     BSW.png

-Bzafg -BZ; 3次元図での鉛直軸設定

上記の組み合わせで,3次元図の鉛直軸も設定できる.
ただし,鉛直軸の場合は-B[N|S|E|W]Zを指定しないと-Bzafgが反映されないので注意.
また,-BZ+bとすることでplotbox全体を線で囲むことができる.

## 3次元図でZ軸につける -Bzafg
## 3次元図でZ軸に表示する-BSWneZ
# output file
output="BNEswZ+b.ps"
# options
proj=X10
projZ=Z8
region=0/100/0/10/-5/5
# -BZをつけないと表示されない
# +bでplotboxを囲む
axes="-Bxa20g20+lX -Bya2f1g2+lY -Bza5f1+lZ -BNEswZ+b"
view=30/25
# GMT5
gmt psbasemap -J$proj -J$projZ -R$region $axes -p$view -P -V > $output
BNEswZ+b.png

-B+t; 図のタイトル

図の上部にタイトルを表示する.

## タイトルをつける -BneSW+ttitle
# output file
output="BneSW+ttitle.ps"
# options
proj=M12
region=120/155/20/50
axes="-Ba5f5g5 -BneSW+tTitle"
# GMT5
gmt pscoast -J$proj -R$region $axes -W -P -V > $output
BneSW+ttitle.png

-B+gfill; 背景色の設定

gの後に色を指定することで,背景色をつけることができる.

# 背景の着色 -BSWne+gfill
# output file
output="B+gfill.ps"
# options
proj=X12/6
region=0/100/0/10
axes="-Bxa20g20+lX -Bya2f1+lY -BneSW+glightblue"
# GMT5
gmt psbasemap -J$proj -R$region $axes -P -V > $output
B+gfill.png

参考


Front page   Edit Diff Attach Copy Rename Reload   New List of pages Search Recent changes   Help   RSS of recent changes
Last-modified: 2018-08-14 (Tue) 07:21:39 (282d)