gmtset メモ

基本

フォントやグリッドなどなどの設定を変更するためのコマンド.
v4 までの名残?で "gmt gmtset" とも書けるし, "gmt set" でも同じ.

基本形は

gmt set PARAMETER1 value1

で,"PARAMETER1 value1" の部分は

gmt set PARAMETER1 value1 PARAMETER2 value2

のように組み合わせが維持されていれば何個続けて書いてもよい.
gmtset を実行した結果がカレントディレクトリの gmt.conf に格納され,例えば

gmt set FORMAT_GEO_MAP D

とすれば,gmt.conf に

#
# GMT 5.4.4 Defaults file
#
# FORMAT Parameters
#
FORMAT_GEO_MAP                 = D

と書かれる.このディレクトリで GMT コマンドを実行する限りは, gmt.conf に書いてある設定が優先される(はず).

gmt.conf にテキストの掃き出しをせず,1回きりで変更したい場合は

gmt psbasemap -JM -R -Bafg  --MAP_FRAME_TYPE=plain > out.ps

のように --PARAMETER=value と書く.
PARAMETER の名前が GMT v4 と v5 の間で変わったものが多いので,文献を参考にするときはバージョンに注意する.
PARAMETER 名称変更の対応表は公式ドキュメントにある.
また,それぞれの PARAMETER のデフォルト値は

gmt defaults # or gmt gmtdefaults

で確認できる.


Front page   Edit Diff Attach Copy Rename Reload   New List of pages Search Recent changes   Help   RSS of recent changes
Last-modified: 2019-06-07 (Fri) 00:02:48 (9d)