grdmath コマンド メモ

公式doc → https://docs.generic-mapping-tools.org/latest/grdmath.html

NetCDF4 フォーマットなどで書かれた GMT で使う面的データをいろいろ操作できる.
機能がありすぎて難しい.
他のコマンドと違い出力が -Ggrdfile ではなく = grdfile になる点に注意.

符号反転

正負を全て逆に変換する.

gmt grdmath file_org.grd NEG = file_new.grd


足し算

2つの面データ fileA および fileB のそれぞれの要素を足し合わせて1つのファイルにする.

gmt grdmath fileA.grd fileB.grd ADD = file_ABadd.grd


OR演算

面データ fileA および fileB の中の各要素で,2つのファイルのうちどちらか一方でも NaN だった場合は NaN になる.
どちらも NaN でない場合は fileA の値になる.
主にマスキングで使う.

gmt grdmath fileA.grd fileB.grd OR = fileABor.grd



Front page   Edit Diff Attach Copy Rename Reload   New List of pages Search Recent changes   Help   RSS of recent changes
Last-modified: 2020-11-30 (Mon) 06:44:28 (53d)