makecpt

本家 doc

makecpt

メモ

下はよく使う書き方.

gmt makecpt -C[color_name] -T[range_min]/[range_max] -D > tmp.cpt

-C

色あいの指定.
名前を忘れるのでクックブックの Of Colors and Color Legends を見よう.

-D

着色範囲外の色の設定.
単に -D とすると範囲の下限以下/上限以上の値にも端部と同じ色がつく.
つけないと BF の色が白とか黒とかになる (-C で指定した色による?).

-F

強制的に色を RGB (-Fr)の表記で出力するか ,HSV (-Fh) は CMYK (-Fc) で出力する.
統一フォーマットで色を参照したい場合に使う.
離散分布では -Fr+c のように +c をつける.

-M

C オプションで 指定したカラーパレットの B,F,N の値を使わずに,それぞれ COLOR_BACKGROUND, COLOR_FOREGROUND, COLOR_NAN のパラメータの色を使う.
それぞれのパラメータは gmtset で編集できるし, gmtdefaults を実行するか gmt.conf を見ることで確認できる.
D オプションと同時に使われたときは N だけ適用され,BF の色は -D オプションが優先される.
デフォルトを変更することなく NaN の色を変えたい場合は

gmt makecpt -Cjet -D -M --COLOR_NAN=gray80  > tmp.cpt

のように -M と --COLOR_NAN=[color] を組み合わせて直接パラメータを入力する.

-N

Do not write out the background, foreground, and NaN-color fields [Default will write them].

ということで,BFN (Background, Foregroud, NaN) の色を出力しない.

-T

着色する値の範囲指定.
連続的でなく離散的な色あいにする場合は

-T[range_min]/[range_max]/[z_inc]

にように間隔を3番目の値として指定する.

一定値以下の色だけ変更する

例として,0〜5 までの jet を基本として,かつ非常に小さい値だけ色を灰色 (gray) に変更したいとき.

echo "0 gray  0.0001  blue    L" > tmp.cpt
gmt makecpt -Cjet -T0.0001/5 -D >> tmp.cpt

Front page   Edit Diff Attach Copy Rename Reload   New List of pages Search Recent changes   Help   RSS of recent changes
Last-modified: 2021-05-10 (Mon) 06:43:57 (80d)