GeoClaw Makefile メモ

Makefile 概要

examples の中を覗いたらわかるように,各計算セットのディレクトリに Makefile が必要で,make で諸々の処理を実行する.
ただしソース(計算アルゴリズム)を変更したり,コンパイルオプションを追加したりする必要がなければあまり Makefile を編集する必要はない.
各計算セットの Makefile で

CLAWMAKE = $(CLAW)/clawutil/src/Makefile.common
GEOLIB = $(CLAW)/geoclaw/src/2d/shallow
include $(GEOLIB)/Makefile.geoclaw

と書いてあるように,基本となる2つの Makefile を include しているため,コンパイルや計算実行に必要な命令は一通り揃っている.

コンパイルから計算実行,プロットまでの大まかな流れは以下の通り.

make        # 実行ファイル xgeoclaw 生成
make data   # 計算の前処理.setrun.py を実行
make output # xgeoclaw の実行
make plots  # 後処理,プロット. setplot.py を実行

実行ファイルや make plots の結果を消すときは

make clean

コンパイルしたソース *.mod などを消すときは

make clobber


コンパイルオプションを付け加える

例えば Fortran のコンパイラ FC が ifort である場合に -heap-arrays オプションを付け加えるのなら,以下の通り.

ifeq ($(FC),ifort)
        FFLAGS += -heap-arrays
endif


NetCDF4 を使う

NetCDFに記載.


Front page   Edit Diff Attach Copy Rename Reload   New List of pages Search Recent changes   Help   RSS of recent changes
Last-modified: 2020-01-21 (Tue) 08:29:08 (67d)