環境変数の設定

CLAW, FC, PYTHONPATH

CLAW, FC, PYTHONPATH の3つの環境変数は,clawpackを使用するにあたって必須.

export CLAW=~/*****/clawpack5.x.x
export PYTHONPATH=${CLAW}:$PYTHONPATH
export FC=ifort # or gfortran など

Makefile.commonの中に,

$(CLAW)/foo/bar/

のような記述があり,CLAWのパスを設定していないとコンパイル時等にエラーが発生する.
pythonを起動して,どこのパスからでも下記がエラーなく実行できていれば,PYTHONPATHとCLAW,およびclawutilのシンボリックリンクが正しく設定されていることになる.

In [1]: from clawpack import clawutil

In [2]:

MATLABPATH

visclawの中のMATLABパッケージを使用するには,MATLABPATHを定義する.

export MATLABPATH=${CLAW}/visclaw/src/matlab:${MATLABPATH}

PYTHON

基本的にコンパイルや計算実行は make コマンドで行われるが,これらの命令は

$CLAW/clawutil/src/Makefile.common

を include して実行される.python のコマンドは

PYTHON ?= python
CLAW_PYTHON ?= $(PYTHON)

となっているが,Ubuntu では python が Python2.7 になってしまうので

PYTHON ?= python3

に変更するか,もしくは環境変数 PYTHON を python3 にしておく.

export PYTHON=python3

こうすると Makefile.common の中では ?= なので,既に定義してある環境変数 PYTHON が優先される.


Front page   Edit Diff Attach Copy Rename Reload   New List of pages Search Recent changes   Help   RSS of recent changes
Last-modified: 2018-08-23 (Thu) 08:05:31 (1565d)