共有リポジトリの作成

既存のローカルリポジトリから,共有リポジトリを作成する方法について.

研究室等のサーバーに作成

便宜上,パスを以下の(A),(B)のように定義しておく.
(A)作成する共有リポジトリのパス(サーバー上など)
(B)ローカルリポジトリのパス(原則的に外部接続でない自分のPC)

  1. (A)に空の共有リポジトリを作成
    (A)の場所で,例えばsharedrepという名前のディレクトリを作成する.
    これが共有リポジトリのベースとなる.
    ついでに権限を変更しておく.
    mkdir sharedrep
    chmod a+wx sharedrep

  2. (A)で共有リポジトリの設定,初期化
    移動して,リポジトリを初期化する.
    cd sharedrep
    git init --bare --shared
    共有リポジトリではinitの次にこのオプションをつけるものと思っておけば良い,気がする.
    lsとすると"branches"やら"info"やらのディレクトリがあることが確認できる.

  3. (B)のローカルリポジトリを(A)へpush
    ローカルリポジトリから,共有リポジトリ(A)のリモート名(この場合はorigin)をつけて,pathを定義する.
    git remote add origin miyashita@xxx.xxx.xxx.xxx:~~~/sharedrep
    その後,作成した(A),すなわちoriginへ情報を送りつける.
    git push origin "*"
    "*"のつけ忘れに注意.
    これでローカルと同じ内容のものがshredrepに作成され,共有リポジトリとなった.
    また,(A)(B)と別の場所にローカルリポジトリを作成したい場合,
    git clone miyashita@xxx.xxx.xxx.xxx:~~~/sharedrep
    で持ってくることができる.

Bitbucket,GitHubに作成

学外ネットワークからでも最新の情報を引き抜きたい場合は,無料で非公開の共有リポジトリが作成できるBitbucket等を使う.学生ならGitHubでも無料で非公開のリポジトリが作成可能.
空のリポジトリを作成後,ローカルリポジトリから

git remote add origin https://username@bitbucket.org/username/repositoryname.git
git push -u origin master

で送信する.originやmasterの部分は都合に応じて適切な名前をつける.


Front page   Edit Diff Attach Copy Rename Reload   New List of pages Search Recent changes   Help   RSS of recent changes
Last-modified: 2018-04-20 (Fri) 09:36:19 (332d)