geeup

コマンドライン上でまとめて assets にアップロードするとき.
GitHub の geeup の README.md でなんとなく全体を把握できる.

準備

geeup cookie_setup

を実行して, Chrome の copy-cookies をからトークンを貼り付ける.

アップロード

基本的には README.md に書いてある通りで.

geeup upload --source /home/miyashita/geotiff_folder --dest users/username/mycollection --metadata /home/miyashita/hogehoge/metadata.csv --user email@gmail.com

である. source は geotiff ファイルがまとめて入ったフォルダを指定する.相対パスではなく絶対パスでないとだめ?
metadata.csv は,プロパティ名を1行目に,その値を2行目以降に記入する.
metadata.csv の記入例は

id_no,system:time_start
tokyo_2020,1577836800000
tokyo_2021,1609459200000
tokyo_2022,1640995200000
tokyo_2023,1672531200000
tokyo_2024,1704067200000
tokyo_2025,1735689600000
tokyo_2026,1767225600000
tokyo_2027,1798761600000
tokyo_2028,1830297600000

のような感じ. id_no は必須で,それ以外はオプション. system:time_start は 1970-01-01 00:00:00 UTC からのミリ秒. Linux なら date の %s に

$ date --help | grep %s
  %s   seconds since 1970-01-01 00:00:00 UTC

とあるので,

expr `date -d 2020-01-01 00:00:00 +%s` \* 1000

などで秒をミリ秒に変換できる.


Front page   Edit Diff Attach Copy Rename Reload   New List of pages Search Recent changes   Help   RSS of recent changes
Last-modified: 2022-07-11 (Mon) 17:41:54 (145d)