juliarc.jl 設定

version 1.0.0

juliarc.jlではなくてstartup.jlで設定する. 環境変数の設定 v1.0.0を参照.

version 0.6.x

起動時に環境変数等を設定するjuliarcのファイルは,

$JULIA_HOME/$SYSCONFDIR/julia/juliarc.jl # ファイル名の最初の "." 不要
~/.juliarc.jl

のどちらかを使う.
前者を使用するときは,まずJULIA_HOMEとSYSCONFDIRのパスを確認する.

julia> println(joinpath(JULIA_HOME,Base.SYSCONFDIR))
/usr/local/julia/usr/bin/../etc

これをもとに,

/usr/local/julia/usr/etc/julia/juliarc.jl

のファイルを編集する.

# This file should contain site-specific commands to be executed on Julia startup
# Users may store their own personal commands in the user home directory `homedir()`, in a file named `.juliarc.jl`
push!(Libdl.DL_LOAD_PATH, "/usr/local/gmt/lib")

GMTライブラリのパスを追加してみた.
このファイルの実行権限を確認・変更し,Julia再起動後に反映されているか確認.

julia> println(Base.Libdl.DL_LOAD_PATH)
String["/usr/local/gmt/lib"]

ユーザのホームディレクトリの.juliarc.jlに書く場合も同じ.
/usr/以下にJuliaをインストールしている場合はどちらでもあまり変わらないかも.

参考

Environment Variables (v0.6.0)


Front page   Edit Diff Attach Copy Rename Reload   New List of pages Search Recent changes   Help   RSS of recent changes
Last-modified: 2018-08-11 (Sat) 23:40:59 (221d)