雑多なメモ

はじめに

全体的な話はOverleafLearn LaTeX in 30 minutesがわかりやすかった.
研究室の先人のテンプレートを使用して論文を書くことが多いために,古い記法や非推奨な部分が含まれる場合がある.
使ってはいけない LaTeX のコマンド・パッケージ・作法古い情報を読んだ上で,非推奨な記述を見つけ次第修正を加えていくことが望ましい.

ドキュメント生成に必須なもの

\documentclass, \begin{document}, \end{document}は何があっても必要.
基本形は下記のような感じ.

\documentclass[dvipdfmx,a4j]{jsarticle}
% preamble

\begin{document}
% body

\end{document}

\documentclassにdvipdfmやdvipdfmxなどのオプションがあるが,dvipdfmxの方が推奨されているらしい(よく知らない).
命令文の基本形は

\命令文[オプション]{内容}

その他頻繁に使用する表現は

\begin{hogehoge}
\end{hogehoge}

マクロ

プリアンブルの部分に書いておく.

newcommand

\newcommand{\コマンド名}{実行内容}

ディレクトリ名を何回も直に記入したくなかったりするので

\newcommand{\figdir}{path/of/directory_name} % \includegraphics等で使いたい

ファイルやディレクトリ名でなく,本文に挿入する場合は,アンダースコア(_)の認識をそのままにするため,

\newcommand{\figdir}{path/of/directory\_name} % 本文中でアンダースコアを表示したいとき

と書く.

横書き(landscape)

dvipdfmx,日本式A4判の場合,

\documentclass[dvipdfmx, a4j]{jsarticle}
\AtBeginDvi{\special{landscape} }

にようにする.自分の環境では

dvipdfmx -l hoeghoge.dvi

のように -l オプションをつけなくても横向きのPDFになった.


Front page   Edit Diff Attach Copy Rename Reload   New List of pages Search Recent changes   Help   RSS of recent changes
Last-modified: 2018-11-20 (Tue) 10:58:32 (24d)