数値配列の作成

numpyを以下のようにimportしている状態とする.

import numpy as np

numpy.arange

x = np.arange(start, stop, delta)

startの値から始まり,delta間隔で配列が作成されるが,重要なのはstopは配列に含まれないことである.例えば,

In [1]: np.arange(0,8,2)
Out[1]: array([0, 2, 4, 6])

となり,8はxに格納されない.
不等間隔のデータを内挿し,等間隔に整理したいときにはarangeを使うのが便利.
最大最小の値だけが決まっており,配列を作成するときは下記のlinspaceを使った方が無難.

numpy.linspace

x = np.linspace(start, stop, N)

Nは要素の数.MATLABと似ている.arangeと異なり,デフォルトではstopの値も含めて配列が作成される.endpoint=Falseとオプションを入力すればstopを除いた要素数Nの配列xになる.

numpy.meshgrid

X, Y = np.meshgrid(np.linspace(xmin, xmax, nx), np.linspace(ymin, ymax, ny))

図作成用のxy平面座標配列を作成する時に使う.これまたMATLABと似ているので簡単.


Front page   Edit Diff Attach Copy Rename Reload   New List of pages Search Recent changes   Help   RSS of recent changes
Last-modified: 2017-12-26 (Tue) 03:13:23 (450d)