TTT 計算結果の可視化

ttt_fancy.sh と ttt_plain.sh

インストール時に計算結果を描画するコマンドとして, ttt_fancy.sh と ttt_plain.sh がついてくる.
GMT のコマンドが描いてあるのだが,ファイル名を適切に指定しても手元の環境ではエラーが出てうまくいかなかった.

GMT サンプル

確認した GMT のバージョンは 6.0.0.
ttt_fancy.sh を参考に,以下のコマンドで空間分布図を描いてみた.
ttttest.sh の出力ファイル ttt.b をもとに描いている.
topo.i2 と書かれている部分は, ttt_topo_XXX.i2 の中のいずれかのファイルで,求める解像度に応じて選ぶ.

## makecpt
gmt makecpt -Chot -T-10/30/1 > tmp.cpt
echo 'N gray' >> tmp.cpt

## makegrd
gmt grdcut topo.i2 -Rttt.b=bf -Gtmp.i2
gmt grdcut topo.i2 -Rttt.b=bf -Gtmp.i2
gmt grdgradient tmp.i2 -A0 -Nt1.2 -Gtmp.nc

## plot
gmt grdimage ttt.b=bf -Itmp.nc -JM180/12 -Rttt.b=bf -Ctmp.cpt -P -K -V > ttt.ps
gmt grdcontour ttt.b=bf -J -O -K -A5 -C1 -GlZ-/Z+ >> ttt.ps
gmt pscoast -Rttt.b=bf -J -O -Glightbrown -W0.25p -A500 -Ba30f10 >> ttt.ps

rm tmp.*
ttt.png

Front page   Edit Diff Attach Copy Rename Reload   New List of pages Search Recent changes   Help   RSS of recent changes
Last-modified: 2020-11-11 (Wed) 08:09:07 (260d)