Gitのインストール

ソースからビルド

はじめに,Ubuntuのデフォルトでは存在せず,今回必要なものをインストールしておく.

sudo apt install autoconf asciidoc

zlibのインストールも必要だった.
次に,GitHubのソースからcloneしてくるか,適当なバージョンの *.tar.gz などを持ってくるかして,ローカル環境にダウンロードする.当然 clone をするにはGitがインストールされている必要がある.

  • GitHubから
    # リポジトリがローカル環境にないときは
    git clone git://git.kernel.org/pub/scm/git/git.git
    # git clone https://github.com/git/git
    cd git
    # リポジトリがあるときは
    git fetch
    リポジトリを更新したら,最新バージョンのタグにcheckoutする.
    git checkout v2.18.0
  • アーカイブから(例)
    wget https://mirrors.edge.kernel.org/pub/software/scm/git/git-2.18.0.tar.gz
    tar -zxf git-2.18.0.tar.gz
    cd git-2.18.0

あとはいつもの.初期状態ではconfigureがないのでmake configureでconfigureファイルをつくる.

make configure
./configure --prefix=/usr --with-curl
make all
sudo make install

READMEを読むとconfigureを使わなくてもできるらしい.
ただし,--with-curlをつけて./configureをしないと,git cloneで

$ git clone https://github.com/hogehoge/foobar
fatal: Unable to find remote helper for 'https'

となりhttps等から一切cloneができなかった.


Front page   Edit Diff Attach Copy Rename Reload   New List of pages Search Recent changes   Help   RSS of recent changes
Last-modified: 2018-08-23 (Thu) 12:36:17 (209d)