Ubuntu OS インストール後にやることリスト(個人PC用)

環境構築のために最初に実行したことのメモ.

システム設定変更

CapsLockをCtrlに

CapsLockが鬱陶しいので,/etc/default/keyboard のファイルを編集してCtrlに置き換える.

XKBOPTIONS="ctrl:nocaps"

terminal等での言語変更

# .bashrc に追記する
export LANG=en_US.UTF-8

ディレクトリ名を かな→英数字 に変更

最初の home 以下にある ダウンロード 等の日本語かなになっているディレクトリを Download 等に変更する.

LANG=C xdg-user-dirs-gtk-update

suでrootログインを有効にする

sudo passwd root

/etc/hosts でホスト名を定義

IPアドレスとホスト名を入れる.

XXX.XXX.XXX.XXX   lab-cluster
XXX.XXX.XXX.XXX   lab-mac

これを設定しておけば,

ssh lab-cluster

とすれば ssh 接続できる(ユーザー名がゲスト・ホストで同じ場合).

ssh 設定

HDDの起動時マウント設定

sudo blkid

で表示される起動したいデバイスのUUIDとTYPEを確認して, /etc/fstab のファイルに下記を追加する.

#       <file system>   <mount point>   <type>   <options>   <dump>   <pass>
UUID=XXXXXXXXXXXXXXXX        /mnt/HDD    ntfs     defaults        0        0

次回の起動時からマウントされる.

apt (apt-get) でのパッケージのインストール

update & upgrade

sudo apt update && sudo apt -y upgrade

インストール

ライブラリ系とソフトウェア系で各自必要なものをインストール.
ソースからビルドするか,apt install するかは人による.

sudo apt -y install autoconf automake net-tools nkf 
sudo apt -y install exfat-fuse exfat-utils
sudo apt -y install libtool libssh-dev libssh2-1-dev
sudo apt -y install libgfortran[3-5] libgfortran-[6-8]-dev
sudo apt -y install vim

以下,パッケージ名の部分が変わるだけであとは同じ.

  • git
  • cmake
  • terminator
  • chromium-browser
  • ffmpeg
  • python3-pip python-pip

pip install

python -m pip install -U pip
python -m pip install testresources
python -m pip install setuptools
python -m pip install numpy scipy sympy matplotlib seaborn pandas
python -m pip install ipython
python -m pip install jupyter


snapを利用したインストール

OnlyOffice

snap install onlyoffice-desktopeditors

slack

Linux 用のベータ版が現れたので,2019年現在では snap より *.deb をダウンロードしてインストールした方が無難かも.
snap の場合は

snap install slack

で,deb パッケージはLinux 版 Slack ベータ版のページにある.

Notepad++

好みの問題だが,ソースコードを綺麗に印刷する時に Notepad++ があった方が良いので.

snap install notepad-plus-plus
snap connect notepad-plus-plus:cups-control


その他ソフトウェアのインストール

Git

Gitのインストール参照.apt installかソースをビルドかは好みで.
curl の環境を整えてからの方が良い.

make configure
./configure --prefix=/usr --with-curl
make all
sudo make install

インストールしたあとは,git configでユーザー設定をする.

git config --global color.ui auto
git config --global core.quotepath false
git config --global core.editor vim
git config --global push.default matching
git config --global user.name "Takuya Miyashita"
git config --global user.email "miyashita@hoge.com"

CMakeのインストール

最新バージョンがほしいとかのこだわりがなければ apt install が無難.
CMakeのインストール参照.
これも curl がないとうまくいかない.

pLaTeX

texlive-full は時間と容量の消費がすごいので,両方に余裕があれば.

sudo apt -y install texlive-full

自分に必要な TeX パッケージだけを install するのは難易度が高そう.

Mendeley

Mendeleyのページからdebファイルをダウンロード後,

sudo dpkg -i mendeleydesktop_x.x.x-stable_amd64.deb

ifort (IntelのFortranコンパイラ)

intelのページ,registrationcenter.intel.com/en/products/から取得.
解凍して Install_XXX.shを実行するだけ.
インストール後は .bashrcに下記の文を付け加える.

. /opt/intel/compilers_and_libraries/linux/bin/compilervars.sh intel64
export FC=ifort

iccも使うときはCCも定義する.

bzip2

bzip2 からソースをダウンロードして解凍,

make
sudo make install

を実行する.インストールされる場所は /usr/local/include や /usr/local/lib になる.
prefix を指定する場合はインストールする

make
sudo make install PREFIX=/usr/local/xxx

のようにする.

NetCDF4

NetCDFのインストールを参照.

GMT

GMTのインストールを参照.NetCDF4をインストールしてからやる.

Julia

Julia - Downloadsから.ソースのコンパイルからやろうとすると時間がかかる.
バイナリでも問題なさそうだし圧倒的に手間が少ない.

Dropbox

Dropboxのインストールを参照.

Atom

atom.ioから..debファイルからのインストールが楽.

Visual Studio Code (VSCode)

Download Visual Studio Codeから .deb をダウンロードして dpkg -i する.

VMWare

Ubuntu に仮想環境を入れて Windows を使いたいのであれば.
Ubuntu/VMware を参照.


Front page   Edit Diff Attach Copy Rename Reload   New List of pages Search Recent changes   Help   RSS of recent changes
Last-modified: 2021-03-04 (Thu) 06:08:59 (15h)