#author("2019-06-07T09:02:48+09:00","default:Miyashita","Miyashita")
#author("2019-06-07T09:03:10+09:00","default:Miyashita","Miyashita")
*gmtset メモ [#y72d30ee]
**基本 [#j687bbf0]
フォントやグリッドなどなどの設定を変更するためのコマンド.~
v4 までの名残?で "gmt gmtset" とも書けるし, "gmt set" でも同じ.~
~
基本形は
#codeprettify{{
gmt set PARAMETER1 value1
}}
で,"PARAMETER1 value1" の部分は
#codeprettify{{
gmt set PARAMETER1 value1 PARAMETER2 value2
}}
のように組み合わせが維持されていれば何個続けて書いてもよい.~
gmtset を実行した結果がカレントディレクトリの gmt.conf に格納され,例えば
#codeprettify{{
gmt gmtset FORMAT_GEO_MAP D
gmt set FORMAT_GEO_MAP D
}}
とすれば,gmt.conf に
#codeprettify{{
#
# GMT 5.4.4 Defaults file
#
# FORMAT Parameters
#
FORMAT_GEO_MAP                 = D
}}
と書かれる.このディレクトリで GMT コマンドを実行する限りは, gmt.conf に書いてある設定が優先される(はず).~
~
gmt.conf にテキストの掃き出しをせず,1回きりで変更したい場合は
#codeprettify{{
gmt psbasemap -JM -R -Bafg  --MAP_FRAME_TYPE=plain > out.ps
}}
のように --PARAMETER=value と書く.~
PARAMETER の名前が GMT v4 と v5 の間で変わったものが多いので,文献を参考にするときはバージョンに注意する.~
PARAMETER 名称変更の対応表は公式ドキュメントにある.~
また,それぞれの PARAMETER のデフォルト値は
#codeprettify{{
gmt defaults # or gmt gmtdefaults
}}
で確認できる.

Front page   Edit Diff Attach Copy Rename Reload   New List of pages Search Recent changes   Help   RSS of recent changes