#author("2017-05-18T13:17:24+09:00","default:Miyashita","Miyashita")
#author("2017-06-26T12:33:58+09:00","default:Miyashita","Miyashita")
*GeoClaw 基本情報整理 [#zb49ec11]
使用初期段階の情報整理.~
-有限体積法

-実行可能な環境はPython2.7.x以上,Python3.x未満~
Pythonは2.xと3.xの互換性が低い.このため,現在保証されているのは2.7.xまで.~
2020年でPython2.xがサポート終了になるらしいが,どうなるのだろう.~
現在保証されているのは2.7.xまで.~
Pythonは2系と3系の互換性が低い.2020年でPython2.7.xがサポート終了になるらしいが,どうなるのだろう.~

-Clawpackに含まれるソルバー群の従属関係~
Clawpackの中には,AMRClaw,GeoClaw,Pyclawと分かれている.~
GeoClawはAMRClawの訂正バージョン.ということは,GeoClawはAMRClawの上位互換であり,AMRが使用可能.~
この2つは,基礎方程式部分はFortranベースで書かれており,入力条件の設定など,司令塔の部分をPythonに依存しているらしい.~
そして,計算結果の描画もPythonのライブラリであるmatplotlibを使う.~
基礎方程式の計算スキームの部分も含めて全てPythonで済ませたいという人のために,Pyclawがある.基本的にはGeoClawと同じセットは揃っているとのことである.~

-コンパイル,実行,出力結果表示をMakefileで行う~
examplesをやってみると,Makefileで主要な操作が実行できるようになっている.~

Front page   Edit Diff Attach Copy Rename Reload   New List of pages Search Recent changes   Help   RSS of recent changes