#author("2019-11-14T11:15:28+09:00","default:Miyashita","Miyashita")
#author("2019-12-07T15:53:06+09:00","default:Miyashita","Miyashita")
*エラーのログと対処 [#ud69ab65]
エラーの根本的な原因がわからないまま載せることが多いので,役には立たないかも.~
#contents
~

**GMT.jl の makecpt,-D オプション [#h1dc5b50]
バージョン~
Julia v1.0.0~
GMT v0.5.0
makecptの-Dオプションが反映されない問題.
makecpt の -D オプションが反映されない問題.
#codeprettify(lang-julia){{
using GMT:GMT
cpt = GMT.makecpt(C=:polar, T="-1.0/1.0", D=true, V=true)
GMT.gmt("write tmp.cpt",cpt);
}}
で出力された tmp.cpt を見てみると,
 -1	blue	0	white
 0	white	1	red
 B	black
 F	white
 N	127.5
となり,B, F に -D オプションの効果が入っていない.~
~
(追記)[[issues #179>https://github.com/GenericMappingTools/GMT.jl/issues/179]]で聞いたら GMT 自体のライブラリが原因らしい.~
最新の GMT バージョンがリリースされたら適切に動くようになるかも.~
~
現状では
#codeprettify(lang-julia){{
cptfile = "tmp.cpt"
GMT.gmt("makecpt -Cpolar -T-1.0/1.0 -D -V > $cptfile")
cpt = GMT.gmt("read -Tc $cptfile")
run(`rm -f $cptfile`)
}}
と一旦 gmt コマンドをそのまま実行し,read で読むと良い.~
~
(さらに追記 2019/11)~
GMT のバージョン6.0 をインストール後,これの libgmt.so を参照するようにしたら,-D オプションが機能した!~
GMT の開発者さんありがとうございます.
~
~

** registry dirty [#t4a40ecf]
環境は Julia v1.0.3, Ubuntu 18.04 LTS.~
#codeprettify(lang-julia){{
(v1.0) pkg> update
}}
をすると warning が出て
 ┌ Warning: Some registries failed to update:
   `~/.julia/registries/General` — registry dirty
と言われた.何が dirty なのかは不明.~
[[Issues>https://github.com/JuliaStats/StatsBase.jl/issues/419]]を読んで該当箇所をgitで修正したら出なくなった.
[[Issues>https://github.com/JuliaStats/StatsBase.jl/issues/419]]を読んで該当箇所を git で修正したら出なくなった.
#codeprettify{{
cd ~/.julia/registries/General
git fetch origin --prune
git checkout -- .
git reset --hard origin/master
}}
~

**curlのエラーによるパッケージのアップデート,ビルドのエラー [#k449cef3]
バージョン: v1.0.0~
Pkg.updateやPkg.buildはcurlでエラーが発生すると全部うまくいかない.エラーは下記の通り.
Pkg.update や Pkg.build は curl でエラーが発生すると全部うまくいかない.エラーは下記の通り.
 curl: (48) An unknown option was passed in to libcurl
[[Ubuntu/curl関係のエラー]]の修正をしたらビルド成功.~
~

** (謎) 数値の誤表示? [#d493952b]
バージョン: v0.6.2~

画像から.
#ref(https://main-t-miyashita.ssl-lolipop.jp/hydrocoast/image/julia/error_num0.png)
値を変更せず,全く同じことをしているのに,
#codeprettify(lang-julia){{
julia> ϕ[24,16,1]
8.099876.....
}}
となるはずが1度だけ
#codeprettify(lang-julia){{
julia> ϕ[24,16,1]
8.899876.....
}}
になっている.~
~

**Juno更新,Atom再起動,Pkg.update の後に precompiling error [#f5f15b15]
**Juno 更新,Atom 再起動,Pkg.update の後に precompiling error [#f5f15b15]
バージョン: v0.6.2~

AtomでJuno更新,再起動,さらにAtomのREPLで
Atom で Juno 更新,再起動,さらに Atom の REPL で
#codeprettify(lang-julia){{
Pkg.update()
}}
を実行した後,
#codeprettify(lang-julia){{
using NetCDF
}}
などを実行しようとしたら,途中でエラーは出現した.下はエラーメッセージ.
などを実行しようとしたら,途中でエラーが出現した.下はエラーメッセージ.
 WARNING: Module Compat with uuid xxxxxxxxxxxxxx is missing from the cache.
 This may mean module Compat does not support precompilation but is imported by a module that does.
 ERROR: LoadError: Declaring __precompile__(false) is not allowed in files that are being precompiled.
[[issue #19017>https://github.com/JuliaLang/julia/issues/19017]] や [[discourse.julialang.org>https://discourse.julialang.org/t/v-0-6-4-problem-with-plots/12374]] にあることと同じようなもの.~
REPL再起動では直らず,Atom再起動をしたらエラーがでなくなった.~
REPL 再起動では直らず,Atom 再起動をしたらエラーがでなくなった.~
~

**AtomでJuliaのREPLが起動できない [#a02f714a]
**Atom で Julia の REPL が起動できない [#a02f714a]
バージョン: v0.6.2~

PrecompilingのHttpPaserのビルドで
Precompiling の HttpPaser のビルドで
#codeprettify{{
curl -f -o /home/miyashita/.julia/v0.6/HttpParser/deps/downloads/v2.7.1.zip -L https://github.com/nodejs/http-parser/archive/v2.7.1.zip
}}
が実行できず,AtomでREPLが起動できなかった.エラーは下の通り.
が実行できず,Atom で REPL が起動できなかった.エラーは下の通り.
 curl: (1) Protocol "https" not supported or disabled in libcurl
何かの際にcurlを再インストールして,httpsからダウンロードできなくなっていた.~
curlの設定を直して,
何かの際に curl を再インストールして,https からダウンロードできなくなっていた.~
curl の設定を直して,
#codeprettify{{
curl -V
}}
でhttpsが含まれているのを確認した後,再度terminalからJuliaを起動して
で https が含まれているのを確認した後,再度 terminal から Julia を起動して
#codeprettify{{
julia> Pkg.build("HttpParser")
}}
をしたら正常に戻った.

Front page   Edit Diff Attach Copy Rename Reload   New List of pages Search Recent changes   Help   RSS of recent changes