#author("2019-01-15T21:02:47+09:00","default:Miyashita","Miyashita")
#author("2019-01-15T21:03:07+09:00","default:Miyashita","Miyashita")
*ディレクトリの容量を計算する [#ica82f8c]
普通にディレクトリを指定すれば
#codeprettify{{
du -hs hogehoge
}}
で良いが,カレントにあるディレクトリ全部をやる時に面倒くさくないようにしたい.~
findとduを使って次のように1行で実行できる.
#codeprettify{{
find . -maxdepth 1 -type d| while read dname; do du -hs "${dname}"; done
}}
dname は変数名なので異なる文字列でもOK.~

***説明 [#bbd14300]
-find
 . : カレントディレクトリ
 -maxdepth 1 : 階層の深さ.2とすれば2層まで.
 -maxdepth 1 : ディレクトリの階層の深さ.2とすれば2層まで.
 -type d : ディレクトリを検出

-du
 -h : 見やすい接頭語(GBのG,MBのMなど)をつけて表示
 -s : ディレクトリを一つにまとめて計算

Front page   Edit Diff Attach Copy Rename Reload   New List of pages Search Recent changes   Help   RSS of recent changes