#author("2020-11-26T11:33:25+09:00","default:Miyashita","Miyashita")
#author("2020-11-26T11:33:36+09:00","default:Miyashita","Miyashita")
*awk メモ [#yd994133]
#contents
awk は AWK という言語らしい.~
列ごとに変数が並んだファイルを手早く処理したいときに便利.~
~
#contents

**列ごとに値を抽出 [#u6e7a758]
下記のようなファイルを仮定する。
 ## foobar.txt,  $x, $y, $a, $z
 x1, y1, a1, z1, 
 x2, y2, a2, z2,
 x3, y3, a3, z3,
 ...
この並びのファイルをaの列だけ取り除くには,
#codeprettify(lang-awk){{
awk -F',' 'NR>1 {print $1 $2 $4}' foobar.txt > output.txt
}}
とする.ここで, -F','はセパレータが「,」であること,NRの次の値は読み取りを行わない行数(ヘッダー),${d}はそれぞれの列を表す.~
~
~

**最大値・最小値の抽出 [#gd7c8518]
上記のファイル形式で,zの最大値・最小値を抽出することを考える.~
全ての行に対して,大小判定を行うようにすればOK.
#codeprettify(lang-awk){{
#初期値(99999)は都合に応じて変更する
#最小値
awk -F',' 'BEGIN{min=99999} {if (min>$4) min=$4} END {printf "%0.1f",min}' foobar.txt >foobarmin.txt 
#最大値
awk -F',' 'BEGIN{max=-99999} {if (max<$4) max=$4} END {printf "%0.1f",max}' foobar.txt >foobarmax.txt
}}
初期値を設定しておかないと,全てが0以上または0以下の場合値を返さないことに注意.~
printfで出力のフォーマットも指定できる.~
~
~

**NaNのある行を取り除く(isnan的な) [#z8852e64]
awkでNaNを検出して,該当する行全体を除いたファイルを作成する.~
まず,下記のようなfoobar.datを仮定する.
   1  1  5.000
   1  2  1.000
   1  3    NaN
   2  1  3.000
   2  2    NaN
   2  3  4.000
ここから,3列目にNaNのある行だけ除いて,新たにファイルを作成にはパターンマッチを行う処理を加えて,
#codeprettify(lang-awk){{
awk '!/NaN/{print $0}' foobar.dat > foo.dat
}}
とする.生成されたfoo.datは下記の通り.
   1  1  5.000
   1  2  1.000
   2  1  3.000
   2  3  4.000
NaNのない行だけ抜き出すことができた.~
~
~

**行指定 [#pb7a4e56]
#codeprettify(lang-awk){{
awk 'NR==1,NR==5 {print $1 $2}' foobar.txt
}}
とすると,1行目から5行目までを print することになる.~
確認やテストを実行する時に使える.~
~
~

** n 列目の文字が hoge になっている行だけを抽出 [#p337da07]
1 列目が hoge になっている行だけを抜き出す場合.
#codeprettify(lang-awk){{
awk '$1 == "hoge" {print}' foobar.txt
}}
~
1 列目が hoge になっている行の 2,3 列目を抜き出す場合.
#codeprettify(lang-awk){{
awk '$1 == "hoge" {print $2, $3}' foobar.txt
}}

Front page   Edit Diff Attach Copy Rename Reload   New List of pages Search Recent changes   Help   RSS of recent changes