BibTeX 使い方 メモ

本文中の記述

論文情報が格納された xxx.bib というファイルと,参考文献の表示スタイルを指定した zzz.bst というファイルを用意すれば

\bibliographystyle{zzz}  % zzz.bst, 拡張子(.bst)は不要
\bibliography{xxx} % xxx.bib, 拡張子(.bib)は不要

と入力するだけで参考文献リストが自動で作成される.

\begin{thebibliography}{}

も不要であることに注意.
表示スタイルを指定する zzz.bst ファイルについては,論文を発行する団体が作成したものがあるはずで,それを持ってくればOK.
xxx.bibのファイルを自分で作成することになる.
BibTeXを使わずに参考文献リストを作成する場合は

\begin{thebibliography}{}

\bibitem[Someone(2005)]{Someone05}
Someone~A., Foobar~J. 2005. ``Hoge.'' \emph{Journal of foo} 39 (1): 11--47.

\bibitem[...]{...}
...

\end{thebibliography}

とするのが一般的であり,これと比べてBibTeXはかなり煩わしさが少ない.
BibTeXも含めた文書のコンパイルには手順があり,次の例で説明する.

コンパイル手順等

ASCE(アメリカ土木学会)のスタイルascelikeを例にする.
ascelike.clsで

\bibliographystyle{ascelike} % ascelike.bst

が定義され,本文のascexmpl.texの中で

\bibliography{ascexmpl} % ascexmpl.bib

という記述があることを確認した上で,

platex ascexmpl.tex # 拡張子 (.tex, .aux, .dvi)はなくても実行可
pbibtex ascexmpl.aux
platex ascexmpl.tex
platex ascexmpl.tex
dvipdfmx ascexmpl.dvi

を実行すると,正しく参照されたpdfファイルを作成できる.
最初のplatexで,auxファイルを作成し,それをpbibtexで使用する.
その後2回platexでコンパイルしないと,本文中の参照ができず,(?)という表示になる.
とすると正しく参考文献リストが表示された文書が作成される.

.bibファイルの記述例

下記の通り.

@article{Mori2012,
author    = {Mori, N. and Takahashi, T. and The 2011 Tohoku Earthquake Tsunami Joint Survey Group},
title     = {Nationwide post event survey and analysis of the 2011 Tohoku earthquake tsunami},
journal   = {Coastal Engineering Journal},
year      = {2012},
volume    = {54},
number    = {1},
doi       = {10.1142/S0578563412500015},

最初のMori2012は本文中で引用の表示をするためのキーワードであり,

\cite{Mori2012}

と本文中で書けば【 Mori et al., 2012 】のように表示される(表示書式は .bstにファイルに依存).
それに加えて,参考文献リストに自動で表示されるようになる.
【 Mori et al.(2012) 】や【 (Mori et al., 2012) 】など表示書式にはいくつかパターンがあるため,
.bstによっては \cite 以外にも引用するためのコマンドが用意されている.

bibファイルの中に情報があっても,本文中で一度も \cite をされなかった文献はリストに表示されないため,
とりあえずbibに追加しておけば良いし,bibファイルを使い回すこともできる.


Front page   Edit Diff Attach Copy Rename Reload   New List of pages Search Recent changes   Help   RSS of recent changes
Last-modified: 2018-11-21 (Wed) 08:49:11 (119d)