.bib ファイル

.bibファイルの記述例

下記の通り.

@article{Mori2012,
  title     = {Nationwide post event survey and analysis of the 2011 {Tohoku} earthquake tsunami},
  author    = {Mori, N. and Takahashi, T. and {The 2011 Tohoku Earthquake Tsunami Joint Survey Group} },
  journal   = {Coastal Engineering Journal},
  year      = {2012},
  volume    = {54},
  number    = {1},
  doi       = {10.1142/S0578563412500015},
}

一般的な論文誌に掲載されているものは @article として書くらしい.
そのほかには @inbook や @misc などがある.
@article などのエントリ種別と author などの項目は BibTeX - Wikipedia に十分な情報が載っている.

1行目にある Mori2012 は本文中で引用の表示をするためのキーワードであり,

\cite{Mori2012}

と本文中で書くと,ascelike の bibliographystyle (bst) を使えば【 Mori et al., (2012) 】のように表示される(表示書式は .bst ファイルに依存).
【 (2012) 】や【 (Mori et al., 2012) 】など表示書式にはいくつかパターンがあるため,
.bst によっては \cite 以外にも引用するためのコマンドが用意されている.
学位論文スタイルだと [1] のように単に番号だけの表示になる.

また本文中の表示に加えて,参考文献リストに自動で表示されるようになる.
bib ファイルの中に情報があっても,本文中で一度も \cite をされなかった文献はリストに表示されないため,
とりあえず bib に追加しておけば良いし,bib ファイルを使い回すこともできる.

注意 アルファベットの小文字,大文字

上記の例のように title のところを大文字で書いても, bst によっては参考文献リストで小文字で表示される.
固有名詞の頭文字については bst に関わらず常に大文字にしたいので,強制的に大文字にするために {Tohoku} などとしておく.
こうすると,{ } 内の書式が維持される.
他にも例えば January は {January} または {J}anuary と書けばOK.


Front page   Edit Diff Attach Copy Rename Reload   New List of pages Search Recent changes   Help   RSS of recent changes
Last-modified: 2019-09-21 (Sat) 15:45:03 (51d)