bibiographystyle (.bst) ファイル

基本

参考文献 (References) の本文中・リストでの書式について定めたファイル.
junsrt.bst というファイルがあるとすると

\bibliographystyle{junsrt}

にように使う.

ファーストネームを省略したい

文献の bibtex スタイルは比較的容易に入手できるが,ファーストネームが頭文字だけのこともあるし,フルネームもある.
これらが混在していると,junsrt.bst などでは

First name, Last name

F Last name

のように bib ファイルの author に書いた通りに出てきて,統一感がない.
全参考文献の著者全員のフルネームを調べるのは大変だし,調べたとしても bib ファイルを全部編集するのがだるい.
ということで, bst ファイルを編集し,フルネームを bib ファイルに書いてもファーストネームは頭文字だけになるように変更する.

まず,Ubuntu で junsrt.bst がどこにあるかを調べて,手元にコピーする.
混同してはいけないので別名でコピー.

$ locate junsrt.bst
/usr/share/texlive/texmf-dist/pbibtex/bst/junsrt.bst
$ cp -p /usr/share/texlive/texmf-dist/pbibtex/bst/junsrt.bst  ./myjunsrt.bst

コピーしてきたファイルを編集する.参考文献リストの著者名の書式を指定しているところは
FUNCTION {format.names} というところにある.

    { s nameptr "{ff}{ll}" format.name$ is.kanji.str$
	{s nameptr "{ff}{ll}" format.name$ 't :=}
 	{s nameptr "{ff~}{vv~}{ll}{, jj}" format.name$ 't :=}

この{ff}という部分が first name を示し,ff だと省略なし,f だと頭文字になるので ff を f に変更.
is.kanji.str という行のは和文用で,和文で名を省略するのは変なのでここは ff のまま.
あとは編集後の bst を使うようにプリアンブルでファイルを指定する.

\bibliographystyle{myjunsrt}

参考


Front page   Edit Diff Attach Copy Rename Reload   New List of pages Search Recent changes   Help   RSS of recent changes
Last-modified: 2019-08-29 (Thu) 15:47:11 (21d)